夏休みにオススメの本

DQ10はCERO:Aですのできっとたくさんの学生さんもプレイされている事と思います。
夏休みなので読書感想文とかに良さそうな本をご紹介したいなと思います。
社会人でも大丈夫ですよ。
以前からご紹介している【決断=実行】落合博満氏の本。
会社や組織での考え方等が参考になるかと思います。
私は基本これをベースにして自己流でアレンジしたりしています。

【青い光が見えたから 16歳のフィンランド留学記】
もう12年前の本になるんですね。高橋さんは留学をきっかけにフィンランドに移住しています。
私も非常に参考になりましたし、下見で滞在時にフィンランドの方には親切にして頂いたので、
大好きな国です。ちなみにこの本は推薦図書にもなっていたので読書感想文の宿題等で読まれた方もいるかもしれませんね。

【チーズはどこへ消えた?】
私は後悔した事がないんですね。
選択する際にその時に自分のやりたい事かその中から一番マシな選択をしているからです。
やり直しても今より悪くなるしか見えないのですよね。
この本はこれまでの判断が間違っていなかったと再認識出来た本です。

【天-天和通りの快男児】16~18巻
以前にもご紹介しましたが、漫画ならこれをオススメします。
16~18巻だけで大丈夫です。

まぁ他にもありますが、基本的にはこれくらい押さえておけば人生に迷っても困らないんじゃないでしょうか。
私にはその概念がないんですが、一般の方には決断するという事が出来ない方やそれをしないで後で後悔するというような経験があるそうです。
基本的に心配事の85%は全く起きないそうです。残りの15%のうちの大半も自分の行動で解決できるそうです。
つまり心配事の97%は実際には起きないか対処可能ということですね。
終身雇用もなくなり70歳まで働けという時代ですから自由に生きていいんじゃないですかね?
私が20代だったら迷わずヨーロッパに移住してますね。組織にこだわる必要もありません。
日本で就職するなら公務員が一番良いと思います。

バナークリックで応援よろしくお願いします

おすすめの記事